> 

うに(ウニ)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

うに(ウニ)

うに(ウニ)【概要】

  • アルコール分解する働きがあり酒の肴に最適
  • 栄養豊富で疲労回復、滋養強壮に効果あり
  • 独特の風味は様々なアミノ酸によるもの

うに(雲丹)はナマコ、ヒトデなどと同じ棘皮(きょくひ)動物の仲間です。ウニは通常、漢字で「雲丹」と書きますが、身(生殖腺)の内臓然とした様子から「海胆」、もしくはクリのイガそっくりの外観から「海栗」と表記されることもあります。

これらの表記は生の状態や海にいるときに使われ、加工後のウニは「雲丹」「海丹」と表記されることが多い。

ウニの主な成分と効果や効能

ウニは滋養強壮効果があり、陰性体質(漢方用語で冷えやすかったり、血圧が低い体質のこと)改善に寄与します。

うにの栄養成分を見るとタンパク質と脂質が主成分で、ビタミンDをのぞくほとんどの栄養素が含まれているのがわかります。

その為、脳の活性化、疲労回復、造血などの効能のほか、ビタミンAが豊富で肌荒れの改善効果も期待できます。さらに、抵抗力をアップさせ、目のはたらきを補助し疲れ目を改善する効果もあるとされます。

お酒を飲む人にはウニは大変人気のツマミの一つです。熱燗(あつかん)をひっかけながらうにの軍艦巻きをつまむのは、なかなか乙なものです。それもそのはず、ウニはアルコールを分解する酵素が多く、酒の肴にも最適なのです。

また、何とも言えないウニの味は潮の風味だけではなく、アミノ酸に秘密があります。うにに含まれるグリシンやアラニンが甘味、メチオニンがコク、バリンが苦味といった具合に、さまざまなアミノ酸が合わさってウニの独特な風味をつくり出しているのです。

うに(ウニ)に含まれる健康成分

うに(ウニ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□うに(ウニ)に含まれる成分(アラキドン酸)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / 免疫力改善 / 記憶力向上 / 免疫力強化 / 粘膜の強化 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(グリコーゲン)の効果があると思われるもの
疲労回復 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(プロタミン)の効果があると思われるもの
痴呆症 / 免疫力強化 / アンチエイジング / 肥満 / 肌荒れ・ニキビ / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□うに(ウニ)に含まれる成分(レシチン)の効果があると思われるもの
コレステロール / 痴呆症 / 動脈硬化 / 高脂血症(脂質異常症) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにうに(ウニ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「うに(ウニ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加