> 

カモミール(カミツレ)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

カモミール(カミツレ)

カモミール(カミツレ)【概要】

  • カモミールティーで知られるハーブの中で最もよく使われる植物の一つ。
  • 精神安定や不眠症解消など心を鎮める効果が期待できる。
  • 生理不順や美肌など女性特有の症状にも効果的。

カモミールはカモミールティーでお馴染みのハーブの一種です。以前はカモミールよりもカミツレという名前の方が一般的でした。

カモミール(カミツレ)はヨーロッパ原産の野菊で各地で栽培される宿根草(しゅっこんそう)です。植物としての日本名はカミツレと言います。

ヨーロッパにも日本の民間療法と同じようなアロマ療法(香りを利用した治療法)とフイト療法(植物を使った治療法)があります。果実や植物を使ったお酒やお茶にして健康を維持する伝統的治療法です。

これらの療法に使われる植物はハーブと呼ばれますが、カモミールは古代エジプト以前から既に薬用ハーブとして用いられていました。

ハーブではカモミールの花を主に使います。カモミールは基本的なハーブであり、植物を使った治療法で最もよく使われるハーブの1つと言えます。ヨーロッパではハーブ以外でも健康補助食品、化粧品、医薬品などに幅広く使われています。

主な成分と効能や効果

カモミールの花には精油0.5~1%を含み、カプリン酸、ノニル酸をはじめ数多くの生理活性物質を含んでいます。

カモミールには幅広い効能や効果があるとされますが、具体的には次のようなものです。

  • 精神安定、鎮静作用があり、作用が緩慢なので子供の不眠症や緊張不安の解消にも使用できます。
  • 消化不良、軽度の胃潰瘍、大腸炎、下痢などに効果的。
  • 発汗作用と解熱・消炎作用で熱を下げ、睡眠誘導作用があるので風邪を治すのに役立つ。
  • 女性の月経痛・生理痛を緩和する。
  • 肌を美しくする美肌効果が期待できる。
  • 喘息(ぜんそく)を鎮める。

カモミール(カミツレ)をハーブティーとして飲むと、静穏作用と睡眠誘導作用があり、就寝前に飲めばよく眠れます。常飲すれば消化を促進し、血圧を正常に保ちます。

美肌や生理不順、ヒステリーなど女性特有の諸症状にも有効であることから「マザーハーブ」という別名もあります。

発汗作用や消炎作用があるので風邪や風邪の初期症状である咽頭や鼻の痛みにも効果を発揮します。

その他、カモミールには鎮静、鎮痛、抗炎症、静穏、鎮痙、収れん、抗アレルギー、抗かび、解熱などのさまざまな効能が期待できます。

カミツレの民間療法

カミツレは以下のような民間療法によく利用されます。

カモミールティー

乾燥カモミール(カミツレ)を茶さじ1杯にカップ1杯の水で煎じて温かいうちに飲みます。生の花も同様にして飲みます。1日3回飲用します。

入浴剤

乾燥したカモミールの花を木綿の袋に入れて沸した湯で入浴すると、神経や筋肉の疲労をとり、肌がつやつやしますので、心身をリラックスさせるのによい入浴剤です。

カモミール(カミツレ)に含まれる健康成分

カモミール(カミツレ)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□カモミール(カミツレ)に含まれる成分(コリン)の効果があると思われるもの
認知症 / 記憶力向上 / コレステロール / 脂肪肝 / 動脈硬化 / 高血圧 / 脳 / ・・・もっと見る
□カモミール(カミツレ)に含まれる成分(フラボノイド)の効果があると思われるもの
脳卒中 / 動脈硬化 / ストレス / 抗酸化作用 / 高血圧 / 血行促進 / 血管強化 / ・・・もっと見る
□カモミール(カミツレ)に含まれる成分(ルテオリン)の効果があると思われるもの
シミ・くすみ・そばかす / アトピー性皮膚炎 / アレルギー疾患 / 花粉症 / 抗酸化作用 / 免疫力強化 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにカモミール(カミツレ)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「カモミール(カミツレ) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加