> 

かに(蟹)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

かに(蟹)

かに(蟹)【概要】

  • 低脂肪で高タンパクの健康食品
  • 甲羅に含まれるキチン・キトサンは健康効果が高い
  • 意外に傷みやすいので鮮度には注意が必要

かに(蟹)には様々な種類があり、日本では北海道や日本海側の毛ガニやズワイガニ、福井県の越前ガニ、兵庫県・鳥取県の松葉(まつば)蟹、日本各地に生息するワタリガニなど、多種多様なかにが食べられています。

かには日本人に人気の食べ物で、あっさりとしながらも風味のある味わいが日本人の味覚に合うのだと思います。

ところで、蟹と言えばタラバガニという人もいると思いますが、タラバガニの「タラ」とは魚の「鱈」のことで、鱈のいる漁場(つまり「タラバ」)にいるからタラバガニと名付けられた由来があります。

ただしこのタラバガニ、ハサミを持ち平たい姿形をしており一見カニのように見えますが蟹ではありません。実はヤドカリの仲間なのです。カニの足が10本なのに対し、タラバガニは8本です。

蟹は鮮度がいのち

蟹は意外に長持ちせず、傷(いた)みが原因で食中毒を引き起こすことがあるので注意が必要です。内臓に多くの酵素(こうそ)を含み、カニが死ぬとそれら酵素の作用によって腐敗が進行するためです。

カニは鮮度を見極めるのがなかなか難しいといわれています。産地直送の「活カニ」は新鮮でおいしそうですが、捕らえられてからの時間や輸送の負担などの影響で、捕らえてすぐに茄(ゆ)でたもののほうが美味というケースもあります。

新鮮なカニの見分け方

一般的には、次のようなカニが新鮮とされています。

  1. 持ったときにずっしりと重い。
  2. 腹部が黒く変色していない。
  3. 腹部が白すぎない。
  4. 甲羅が硬い(脱皮したての身が少ないカニは甲羅がやわらかい)。
  5. 甲羅に黒い粒がついている(甲羅に産卵する虫の卵。元気なカニにつく)。
  6. 腹部に傷がある(海で活発に動き回ったため、身がしまっている)。

蟹の主な成分と効能や効果

かには低脂肪、高タンパクの健康食で、体重や生活習慣病が気になる人も安心して食べることができます。

鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラルも豊富で、肝臓を強化し、血栓を防ぐタウリンも豊富に含まれています。

甲羅に含まれるキチン・キトサンは食物繊維の一種です。キチン・キトサンは腸内環境を整え、発がん物質や有毒物質を排せつ、免疫力を高める効果が期待されています。脱皮したばかりのカニやサワガニは甲羅がやわらかいので丸ごと食べるといいでしょう。

かにの民間療法

かには昔から以下のような症状に対する民間治療薬として利用されています。

◆腹痛・腫れもの
カニの殻を弱火でじっくりとあぶったあと、砕いて粉末にしたものをお湯に溶いて飲む。

かに(蟹)に含まれる健康成分

かに(蟹)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□かに(蟹)に含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(N-アセチルグルコサミン)の効果があると思われるもの
美肌 / 関節痛 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(EPA(エイコサペンタエン酸))の効果があると思われるもの
肝臓 / 血栓 / 心臓病(心疾患) / 気管支喘息 / アルツハイマー / メタボリック・シンドローム / コレステロール / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(核酸)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 生活習慣病 / アンチエイジング / 体力強化 / 美肌 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(カルシウム)の効果があると思われるもの
胃酸過多 / わきが(腋臭) / 爪 / 妊娠 / 肩こり / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 歯 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(カロテノイド)の効果があると思われるもの
血液サラサラ / 抗酸化作用 / アンチエイジング / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(キチン・キトサン)の効果があると思われるもの
アトピー性皮膚炎 / ガン(癌) / 高血圧 / 動脈硬化 / アレルギー疾患 / 便秘 / 肥満 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(グリシン)の効果があると思われるもの
不眠症 / 美肌 / 肌荒れ・ニキビ / 睡眠障害 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(グルコサミン)の効果があると思われるもの
変形性関節症 / 関節痛 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(グルタミン(L-グルタミン))の効果があると思われるもの
体力強化 / 免疫力改善 / 免疫力強化 / 胃腸病 / 胃 / 肝機能(肝臓) / 肝臓 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(タウリン)の効果があると思われるもの
集中力を高める / 胆石 / 動脈硬化 / 高血圧 / 心不全 / 薄毛(はげ) / 不整脈 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 免疫力改善 / 貧血 / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(ナイアシン)の効果があると思われるもの
肌荒れ・ニキビ / 薄毛(はげ) / 不眠症 / 二日酔い / 脳 / 糖尿病 / 精神安定 / ・・・もっと見る
□かに(蟹)に含まれる成分(バナジウム)の効果があると思われるもの
糖尿病 / 動脈硬化 / コレステロール / 脂質異常症 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにかに(蟹)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「かに(蟹) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加