> 

アマチャヅル茶に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

アマチャヅル茶

アマチャヅル茶【概要】

  • アマチャヅルは朝鮮人参と類似のサポニンを含む。
  • 主な作用は不眠症の改善やストレス解消。
  • つる草の雑草でどこでも手軽に栽培できる。

アマチャヅル(甘茶蔓)はウリ科のつる草で甘い葉と苦い葉の二種類があり、葉を噛んでみるとわかります。

あまちゃづるは日本中どこにも生えているつる草の雑草でしたが、1977年に徳島文理大学の竹本教授が日本生薬学会で発表し、それ以後健康食晶として注目されるようになりました。

あまちゃづる茶の主な成分と効能や効果

あまちゃづるの薬効成分は朝鮮人参と類似のサポニンです。

あまちゃづるのサポニンは主に中枢神経に対して鎮静作用に働らきます。朝鮮人参のサポニンのように服用量によって鎮静と興奮の双方の作用としては働きません。

よってあまちゃづる茶の主な効能は不眠症の改善やストレス解消などです。その他にもイライラ、むかつき、肩こりなどにも効果的と言われています。

間接的な効能となりますが、疲労回復、老化防止、糖尿病、高血圧、内臓器官の働きを高める、胃潰瘍の改善など広汎な効果が期待できます。
 
尚、薬効成分として含まれているあまちゃづるのサポニンは最近その効能が発見され、また解明されていないことも多いため、新たな効果の可能性も残されています。

あまちゃづる茶の作り方

アマチャヅルはつる草の雑草なのでどこでも手軽に栽培でき、4~11月に採取した葉や茎を水洗い後、天日で乾燥します。

甘い葉の乾燥品は5g、苦い葉は2.5gを500mgの熱湯に入れ、弱火で15分間加熱します。お茶のように飲用すれば有効量のサポニンを取ることができます。

アマチャヅル茶に含まれる健康成分

アマチャヅル茶に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□アマチャヅル茶に含まれる成分(サポニン)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 薄毛(はげ) / 肥満 / 動脈硬化 / コレステロール / 抗酸化作用 / 血栓 / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにアマチャヅル茶について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アマチャヅル茶 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加