> 

白菜(はくさい)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

白菜(はくさい)

白菜(はくさい)【概要】

  • ビタミンCなど抗酸化作用の強い栄養がたっぷり
  • いっぱい食べても低カロリーなのでダイエット食に最適

白菜(はくさい)は昔から体を温め、カゼを予防する食材として好んで食べられてきました。

白菜には抗酸化作用の強いビタミンCや食物繊維が豊富、カリウムやカルシウムなどのミネラルも含んでいます。

味にクセがなく、シャキシャキ感も、くたっと煮たやわらかさもおいしいので、活用範囲の広い野菜と言えます。

白菜は加熱するとカサが減るので、ダイエット食やメタポ対策にもおすすめですが、ビタミンCは水溶性で加熱にも弱いので、火を通しすぎないようにするか、煮汁ごと食べられる鍋ものなどがベストです。やわらかい外側の葉は新鮮なら生でも食べられます。

おいしい白菜(はくさい)の選び方

断面がみずみずしいものを選ぶ

カット売りの白菜は、切り口が白く、みずみずしく、盛り上がっていないものを選びましょう。

まるごと買うときは、葉がしっかりとかたく巻いている白菜を選びましょう。

黄色く変色しているものは古くなっているので避けてください。

白菜(はくさい)に含まれる健康成分

白菜(はくさい)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□白菜(はくさい)に含まれる成分(ビタミンA(カロチン))の効果があると思われるもの
十二指腸潰瘍 / 血液サラサラ / 加齢黄斑変性症 / 口内炎 / 妊娠 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□白菜(はくさい)に含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに白菜(はくさい)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「白菜(はくさい) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加