> 

セロリに関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

セロリ

セロリ【概要】

  • ヨーロッパでは薬草として重用されていた
  • 催淫剤に用いられていたことがある
  • 神経を鎮め、血液サラサラ効果が期待できる

セロリは日本での歴史は短い印象があるが、クセのある香りが日本人ウケせずに存在感がなかっただけで、実際は古くから日本に入ってきていました。

豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592~98)のとき加藤清正が持ち帰ったといわれ、「清正ニンジン」の別名を持っています。

江戸時代に入ってからオランダ人が長崎に持ち込んだ品種は「オランダ三つ葉」と呼ばれていました。

セロリの主な成分と効能や効果

セロリは日本に比べヨーロッパでは古くから「薬草」として重用され、古代ギリシャでは利尿剤、解熱剤、胃薬、そして、なんと「催淫剤(さいいんざい)」にも用いられていました。

ちなみに、フランスでは「男に対するセロリの効き目を知ったら、女はセロリを探してパリからローマまで行くだろう」「セロリの効き目を一度知ると男は庭いっぱいにセロリを植えるだろう」という冗談ともつかない説がある。

セロリの香りの元である「アピイン」は神経を鎮める効能があり、ヒポクラテスも神経疲労にはセロリを薬としていたそうです。同じく香り成分である「ビラジン」は、血栓を溶解し、血液をサラサラ効果が期待できます。

セロリにはマグネシウム、鉄分が含まれており、美肌や生理不順、更年期障害にも効果的なので、女性は積極的に摂ってほしいと思います。

漢方におけるセロリ

セロリは効能豊富ですが、薄い黄緑色からわかるように体を冷やす「陰性の食べ物」のため、陰性体質の人は加熱して食べること。

生で食べる場合は、同じ陰性の食べ物で冷えを助長するマヨネーズではなく、ニンニク味噌、味噌醤油などをつけると良いでしょう。

セロいの民間療法

脳血栓‥心筋梗塞・肝臓病
以下のニンジン・リンゴ・セロリの生ジュースを朝食代わりに飲む。

・ニンジン 2本(約400g)→240cc
・リンゴ  1個(約250g)→200cc
セロリ  約100g→170cc
=計510cc (コップ約3杯)

冷え性・痛み・こり
刻んだセロリの葉を入れた布袋を、湯船に入れて入浴。葉を直接湯船に入れてもいい。

セロリに含まれる健康成分

セロリに含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□セロリに含まれる成分(カリウム)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / わきが(腋臭) / ガン(癌) / 痴呆症 / ストレス / 精神安定 / ・・・もっと見る
□セロリに含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□セロリに含まれる成分(ビタミンC)の効果があると思われるもの
肝班 / 血管強化 / インフルエンザ / 爪 / アトピー性皮膚炎 / 加齢黄斑変性症 / しわ / ・・・もっと見る
□セロリに含まれる成分(ビタミンU)の効果があると思われるもの
粘膜の強化 / 健胃作用 / 胃腸病 / 胃酸過多 / 胃潰瘍 / 十二指腸潰瘍 / 食欲不振 / ・・・もっと見る
□セロリに含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□セロリに含まれる成分(β-カロチン)の効果があると思われるもの
アルツハイマー / 視力 / ドライアイ / アンチエイジング / 疲れ目(眼精疲労) / 疲労回復 / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにセロリについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「セロリ 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加