> 

牡蠣(かき)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

牡蠣(かき)

牡蠣(かき)【概要】

  • 海のミルクと言われるほど栄養成分が豊富
  • 亜鉛を含む代表的な食べ物
  • カキの汁も栄養豊富なのでこぼさず食べる

かき(牡蠣)は世界的に人気の食べ物ですが、日本では縄文時代から食べられており、現代のフランス料理ではオードブルの定番となっています。

牡蠣は養殖が盛んな魚介類として知られていますが、古代ローマ時代にはすでに養殖が行なわれ、日本では室町時代に養殖が開始されています。

カキに対して「あたる食べ物」というイメージを抱く人も多いようですが、生食することが多いため、特別「あたりやすく」見えてしまうようです。貝毒以外は十分に加熱すれば避けることができます。

カキの主な成分と効果や効能

カキは「海のミルク」と称えられるほど栄養成分が豊富です。ビタミンB群、鉄、銅、マンガン、ヨード、カルシウム、亜鉛などのミネラルもたっぷりです。

「セックス・ミネラル」の別名がある亜鉛は、男性の精力を高め、精子を活発にし、女性に対してはホルモンバランスを整える効能があります。

また、かきには造血(ぞうけつ)・血行促進作用もあるので、美肌効果も期待できます。

身が浸かっているかきの殻の中の汁にも栄養素がにじみ出しているので、網焼きや生食で食べるときは、汁もしっかりと味わいましょう。

焼きガキやカキフライなど、加熱して調理すると陽性(漢方用語で体を温める性質の意味)の作用もさらに高まります。

牡蠣(かき)に含まれる健康成分

牡蠣(かき)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□牡蠣(かき)に含まれる成分(亜鉛)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 気管支喘息 / 加齢黄斑変性症 / 貧血 / 痴呆症 / 薄毛(はげ) / 肌荒れ・ニキビ / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(核酸)の効果があると思われるもの
ガン(癌) / 生活習慣病 / アンチエイジング / 体力強化 / 美肌 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(グリコーゲン)の効果があると思われるもの
疲労回復 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(タウリン)の効果があると思われるもの
集中力を高める / 胆石 / 動脈硬化 / 高血圧 / 心不全 / 薄毛(はげ) / 不整脈 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
薄毛(はげ) / 免疫力改善 / 貧血 / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB2)の効果があると思われるもの
髪の毛 / 口内炎 / 過敏性腸症候群(IBS) / 爪 / 白内障 / にきび(ニキビ) / 胃腸病 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB1)の効果があると思われるもの
足がつる / こむら返り / 集中力を高める / 慢性疲労 / 腰痛 / 美白 / 美肌 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(フコキサンチン)の効果があると思われるもの
肥満 / 糖尿病 / アンチエイジング / メタボリック・シンドローム / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□牡蠣(かき)に含まれる成分(マンガン)の効果があると思われるもの
気管支喘息 / 肝機能(肝臓) / 糖尿病 / 骨 / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームに牡蠣(かき)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「牡蠣(かき) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加