> 

あさり(浅蜊)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

あさり(浅蜊)

あさり(浅蜊)【概要】

  • ビタミンB12とタウリンの強力タッグで肝機能を改善
  • 栄養豊富で低脂肪なのでダイエットにも最適
  • 冷え性対策には佃煮が効果的

あさり(浅蜊)は殻の長さが4cm程度の二枚貝です。弥生時代の貝塚から発見されたこともあり、古くから食べられていたことがわかります。

あさりの旬の時期は冬から春にかけてと長く、とくに春先は絶品。産卵に向けて栄養をたっぷり蓄え、卵をつくる生殖腺も発達するからです。

あさりの産卵時期は冬をのぞく通年ですが、一般的には春と秋です。

アサリの主な栄養成分と効果・効能

浅蜊はタウリンとビタミンB12を豊富に含んでおり、このふたつの相乗効果で低下した肝機能を改善させる効能があります。

特にビタミンB12は貝類の中でも含有量が高く、タンパク質の合成を促進し、造血作用があるので悪性貧血を防ぐ効果があります。

また、あさりは低脂肪であり、良質のタンパク質と鉄分を含むので、ダイエット中の人、体の冷えが気になる人の体質改善にも効果的です。

アサリを佃煮にすると鉄分の量が増加し、陽性(漢方用語で体を温める効能の意味)の作用も強力になります。

あさり(浅蜊)に含まれる健康成分

あさり(浅蜊)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□あさり(浅蜊)に含まれる成分(クロム)の効果があると思われるもの
動脈硬化 / 糖尿病 / ・・・もっと見る
□あさり(浅蜊)に含まれる成分(タウリン)の効果があると思われるもの
集中力を高める / 胆石 / 動脈硬化 / 高血圧 / 心不全 / 薄毛(はげ) / 不整脈 / ・・・もっと見る
□あさり(浅蜊)に含まれる成分()の効果があると思われるもの
髪の毛 / 血管強化 / 爪 / 慢性疲労 / 冷え性 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□あさり(浅蜊)に含まれる成分(ニッケル)の効果があると思われるもの
□あさり(浅蜊)に含まれる成分(ビタミンB12)の効果があると思われるもの
足のしびれ / 美肌 / 美白 / ストレス / 精神安定 / 貧血 / 疲労回復 / ・・・もっと見る
□あさり(浅蜊)に含まれる成分(リチウム)の効果があると思われるもの
双極性障害(躁うつ病) / 精神安定 / 血圧を下げる(血圧降下作用) / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにあさり(浅蜊)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「あさり(浅蜊) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加