> 

あじ(鯵)に関する基礎知識や栄養成分、効果・効能などの説明

あじ(鯵)

あじ(鯵)【概要】

  • 日本人の健康を担ってきた代表的な魚
  • EPAとDHAが豊富
  • タウリン、カリウムも多く含み生活習慣病予防に最適

あじ(鯵)はイワシ・サバと並ぶ日本における大衆魚のひとつです。日本近海に生息するアジは、日本人の健康維持に最適なタンパク源であり、多くの魚介同様、陽性(漢方用語で体を温める効果のある食物の意味)である。

あじの名前の由来は「光の集まる場所(網代:あじろ)」が転じたという説や、「味がいいからアジ」という単刀直入な説もある。魚偏(へん)に「參(参)」と書くのも「おいしくて参ってしまうから」「旬が旧暦の3(参)月だったから」と諸説あります。

アジの主な栄養成分と効果や効能

あじは旨味成分のイノシン酸に対してバランスよく脂肪が含まれ、日本人好みの味になっています。青背の魚の特徴であるEPA(血液サラサラ効果を持つ)やDHA(老化防止効果を持つ)が豊富です。

また、アジにはタウリン、カリウムを多く含んでいるので、高血圧、心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病に対する予防効果が高いと言えます。タウリンは肝臓のはたらきを高める作用もあるので、酒好きのツマミにもおすすめです。

あじ(鯵)に含まれる健康成分

あじ(鯵)に含まれる健康成分には以下のようなものがあります。

□あじ(鯵)に含まれる成分(イコサペンタエン酸(IPA))の効果があると思われるもの
高血圧 / 心筋梗塞 / 脳血栓 / 動脈硬化 / コレステロール / 高脂血症(脂質異常症) / 髪の毛 / ・・・もっと見る
□あじ(鯵)に含まれる成分(EPA(エイコサペンタエン酸))の効果があると思われるもの
肝臓 / 血栓 / 心臓病(心疾患) / 気管支喘息 / アルツハイマー / メタボリック・シンドローム / コレステロール / ・・・もっと見る
□あじ(鯵)に含まれる成分(セレン・セレニウム)の効果があると思われるもの
アンチエイジング / 免疫力強化 / 動脈硬化 / 糖尿病 / 抗酸化作用 / ガン(癌) / ・・・もっと見る
□あじ(鯵)に含まれる成分(たんぱく質)の効果があると思われるもの
C型肝炎 / 血管強化 / むくみ / 腰痛 / 薄毛(はげ) / 骨粗しょう症(骨粗鬆症) / 筋肉強化(筋力強化) / ・・・もっと見る
□あじ(鯵)に含まれる成分(DHA(ドコサヘキサエン酸))の効果があると思われるもの
脳血栓 / 肝臓 / 血栓 / 心臓病(心疾患) / アトピー性皮膚炎 / アルツハイマー / ドライアイ / ・・・もっと見る
■もっと調べる
下の検索フォームにあじ(鯵)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「あじ(鯵) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加