> 

低血圧に関する基礎知識や症状の説明。効果的な食品や成分など。

低血圧

低血圧【概要】

低血圧とは、収縮期血圧(上の血圧)が100mmHg以下のことをいいます。

特に病気というわけではなく、低血圧症という言い方もありません。

血圧が高い人に比べれば、血圧の低い人のほうが長生きという統計もあります。

原因のはっきりしない低血圧を「本態性低血圧」という。これは体質と考えてよいです。

自覚症状として現れやすいのは、体がだるい、疲れやすい、立ちくらみ、頭痛、めまい、肩こり、動摩、不眠、食欲不振、手足の冷えなどです。

日常生活に不都合のない程度なら問題はありません。しかし、症状がひどく、朝起きてからしばらく何もできない、立ちくらみしやすいといった場合には、体質改善などの努力で解消したほうがよいです。

低血圧の人が朝に弱いのは、次のような理由からです。寝ている間はさほど血圧を必要としないため、血圧は低い状態にある。立ち上がろうとすると、そのぶん血圧を上げなければならないが、自律神経がうまく働かないと、血圧が上がらず、脳に十分な血液がいかなくなって、頭がボーッとした状態になります。

低血圧の人が朝に慣れるためには朝起きる時間を一定にするなど、規則正しい生活を送ることが第一です。

これとは別に、何かほかの病気が原因で血圧が下がる「症候性低血圧」もあります。

急激に血圧が低下する場合と、慢性的に低血圧になる場合があり、急性のものは心筋梗塞や心不全、出血などが原因と考えられます。

慢性の低血圧の場合は、胃腸疾患や内分泌異常、ガンなどが原因となります。症候性低血圧の解消は、元になっている病気の治療が不可欠です。

立ちくらみとは別にめまいが起こる場合は、メニエール病などの可能性があります。脳神経外科や耳鼻科を受診しましょう。

低血圧の予防・改善・解消に関して

本態性低血圧は、痩せ型で体力のない人に多くみられます。

まずは食生活を規則正しくし、栄養価の高い食品、バランスのとれた食事で体力をつけることが前提です。

滋養強壮作用のある高麗ニンジンは効果的です。タンパク質を血球に再合成するのに必要なリポゾームの働きも強化します。

体力がなく疲れやすい人はビタミンB群を補いましょう。貧血を伴う人は、血液の材料となるタンパク質と、造血作用のある鉄や銅などのミネラル、その吸収を促進するピタミンCを摂取しましょう。

低血圧に効果・効能があると思われる食品成分

低血圧に効果・効能があると思われる健康成分には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームに低血圧について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「低血圧 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加