> 

Glucans ぐるかん βグルカン ベータグルカン イーストグルカン  効果、効能、食品

グルカン

グルカン【概要】

  • グルカンにはαグルカンとβグルカンの二種類がある。
  • グルカンにはガンの予防効果があるとされる。
  • 特に舞茸に含まれるβグルカンは抗がんだけでなく抗エイズ作用があるとされる。

グルカン(glucan) とは自然界に多く存在する多糖類の総称です。多糖とは糖(グルコース)が複数結合した物質です。多糖にはぬめりやゲル状といった特徴があるので、そういったモノには多糖が含まれていると考えられます。例えば、オクラの粘り気や寒天などに含まれています。

グルカンには糖(グルコース)が複数結合されているのですが、その結合の構造によってαグルカンとβグルカンの二種類に分かれます。

αグルカンには次のようなものがあります。

うるち米(アミロース)
動物(グリコーゲン)
もち米(アミロペクチン)
酵母(プルラン)
乳酸菌(デキストラン)
etc.

βグルカンには次のようなものがあります。

海藻、キノコ(ラミナラン)
真正細菌(カードラン)
植物(カロース)
木(セルロース)
etc.

グルカンが一躍注目されたのは舞茸(マイタケ)に含まれるβグルカンがガン予防に効果的という研究報告があったためです。

グルカンの主な効果や効能

αグルカンとβグルカンは構造が違うだけでなく、健康効果も異なります。

αグルカンは唾液中の酵素で分解されるため主に糖(グルコース)としての働きが強くなります。つまり、エネルギー源の供給となりますので疲労回復などの効果があります。

一方、βグルカンは唾液で分解できないため食物繊維となりエネルギー源にはなりませんが、免疫力を高め、ガン予防などに効果的ということが分かってきています。

βグルカンは免疫をつかさどる細胞であるマクロファージ、T細胞、B細胞、キラー細胞などを活性化し、制ガン作用を有するインターフェロンなどを作る効果が確認されています。

特に担子菌類(サルノコシカケ科、シメジ科、バラタケ科)には抗腫瘍活性を有しているものが多くあるとされます。

更には次のような例があります。

茸(子実体、キノコ)に含まれているβグルカンは腸を刺激して老廃物の排便を早めるため、大腸ガンの予防に効果的であるとされています。

医薬品の制ガン剤であるカワラタケの培養菌糸体から生産されるクレスチンはグルカンタンパク複合体です。

ヒメマツタケから抽出されたグルカンタンパク複合体にも制ガン作用が報告されています。

パン酵母のイーストグルカンにも同様の抗腫瘍活性が認められています。

舞茸(マイタケ)から抽出したβグルカンには抗エイズ作用と抗ガン作用があることが日本薬理学会で報告されています。

グルカンの効果・効能があると思われるもの

グルカンには以下のような効果・効能が期待できます。

ガン(癌) / コレステロール / 免疫力強化 / 整腸作用 / 便秘 / 肥満 / 気管支喘息 / 

■グルカンが含まれる食品例

グルカンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにグルカンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「グルカン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加