> 

aspartic acid あすぱらぎん酸  効果、効能、食品

アスパラギン酸

アスパラギン酸【概要】

アスパラギン酸は発芽しかけた豆類や野菜に豊富に含まれるたんぱく質の一種です。

アスパラギン酸は、体内で他の栄養素からも作られます。グルタミン酸と同じく、非必須アミノ酸です。

もやしなどの豆類や野菜、牛肉や鶏肉などの肉類に多く含まれています。

アスパラギン酸の効果・効能


アスパラギン酸は有害物質を体外に排出し、神経系を守るなど様々な効果・効能があります。

アスパラギン酸はたんぱく質の合成に使われる以外に、窒素代謝やエネルギー代謝に関与する、ミネラルを運ぶなど体内で様々な働きをします。

その他にもアスパラギン酸は尿の合成を促進する働きもあるため、体内に残ると毒性を発揮するアンモニアを体外に排出し、中枢神経系を守ります。

アスパラギン酸が不足すると


アスパラギン酸が不足すると疲れやすくなり、抵抗力が落ちます。

スポーツ選手がアスパラギン酸入りのスポーツドリンクを摂取するのは、アスパラギン酸不足による疲労を回復させるためです。

アスパラギン酸の効果・効能があると思われるもの

アスパラギン酸には以下のような効果・効能が期待できます。

食欲不振 / 疲労回復 / 

■アスパラギン酸が含まれる食品例

アスパラギン酸が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにアスパラギン酸について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アスパラギン酸 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加