> 

isoflavone いそふらぼん  効果、効能、食品

イソフラボン

イソフラボン【概要】

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た効果・効能をを持つ栄養成分

イソフラボンは大豆の胚芽に多く含まれる成分の一つで、女性ホルモンのエストロゲンと似た効果・効能を持ちます。

このためイソフラボンは「植物由来のエストロゲン」とも言われています。ただし、その作用はエストロゲンと比べると1000分の1であるため、非常に緩やかな効果をもたらします。

イソフラボンの効果・効能

イソフラボンは骨の溶解を食い止め、更年期の症状を改善する

イソフラボンの効果・効能はエストロゲンに似ています

女性ホルモンのエストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出るのを抑える働きがあります。閉経後はエストロゲンの量が著しく低下するため、骨粗しょう症の危険度が増してしまいますが、エストロゲンと同じような働きをするイソフラボンを摂取することで、それを回避することができます。

またイライラ、のぼせ、肩こり、冷えなどといった更年期に見られる不定愁訴は、エストロゲンの減少が原因のひとつだと考えられています。

つまり、これらの不快な症状も、イソフラボンを含む大豆や大豆製品を積極的に摂ることで改善することができるのです。

イソフラボンの効果・効能があると思われるもの

イソフラボンには以下のような効果・効能が期待できます。

■イソフラボンが含まれる食品例

イソフラボンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

大豆 / 味噌(みそ) / 納豆 / 豆乳 / 豆腐 / ガウクルア / 
■もっと調べる
下の検索フォームにイソフラボンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「イソフラボン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加