> 

allicin  効果、効能、食品

アリシン

アリシン【概要】

アリシンはにんにく特有の刺激臭のもとになっている成分で、におい成分は硫化アリルとも呼ばれています。

アリシンは、アリインという物質にアナリーゼという酵素がはたらくと生成される硫黄化合物の一つです。

にんにくを摩り下ろした時に刺激臭が強くなるのは、このアリインが生成されるからなのです。

ネギやニラにも、よく似た酵素の入った成分が含まれています。

アリシンの効果・効能

アリシンの代表的な効果・効能は抗菌・抗カビ作用を持ち、さらに生活習慣病を予防することです。

アリシンは抗菌・抗カビ作用だけでなく、菌やカビを殺す力も持っています。更に、疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、代謝機能も高めるため、風邪の予防や改善に効果的です。

特にニンニクは、ビタミンB1とアリシンを含んでいるため、疲労回復には最適と言われます。

また、アリシンは血中脂肪の燃焼を促進し、コレステロールを低下させ、血栓を予防します。

インスリンの分泌に作用したりと、生活習慣病の予防にも役立ちます。ただし、食べ過ぎると腹痛や貧血になることもあるので注意が必要です。

アリシンの効果・効能があると思われるもの

アリシンには以下のような効果・効能が期待できます。

■アリシンが含まれる食品例

アリシンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

玉ねぎ / 葉ねぎ / にら(ニラ) / にんにく / リーキ / ねぎ(ネギ) / 
■もっと調べる
下の検索フォームにアリシンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「アリシン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加