> 

EPA IPA Eicosapentaenoic acid えいこさぺんたえんさん  効果、効能、食品

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPA(エイコサペンタエン酸)【概要】

EPA(エイコサペンタエン酸)は魚の脂質に含まれる良質な脂肪酸

EPA(エイコサペンタエン酸)は、不飽和脂肪酸の一種で、体内で合成することができません。サバやイワシなどの背の青い魚に多く含まれ、植物油などに含まれるα-リノレン酸も体内でEPAに変換されます。

EPA(エイコサペンタエン酸)はIPA(イコサペンタエン酸)と呼ばれることもあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能は血液サラサラ促進からアレルギー改善まで

EPA(エイコサペンタエン酸)は、血液が凝固するのを抑える働きがあり、血液中に中性脂肪を減らすので血液をサラサラにしてくれます。

EPA(エイコサペンタエン酸)は血液中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用もあるので、動脈硬化、脳卒中、高血圧など生活習慣病の予防や改善にも効果的です。

また、EPA(エイコサペンタエン酸)はアトピー性皮膚炎や花粉症、慢性気管支炎などのアレルギー疾患の改善や予防にも効果・効能があることが、最近の研究で明らかになりました。

さらに、DHA(ドコサヘキサエン酸)と同様にガンの発生を少なくしたり抑制する効果・効能も報告されています。

EPAを含む食品の調理と食べ方

生や煮物にして脂分を逃さない

EPAを(エイコサペンタエン酸)は主に背が青い魚(鯖、イワシ、さんまなど)に多く含まれます。

魚料理に時には、白身魚よりこれらの青魚を選ぶと良いでしょう。

揚げ物や網焼きなどは、折角の脂分が流れ出てしまうので、EPA(エイコサペンタエン酸)は生食が最適です。

EPA(エイコサペンタエン酸)は酸化しやすいため、鮮度には注意して下さい。また、体内で酸化するのを防ぐため、緑黄色野菜などβ-カロテンやビタミンC、ビタミンEを含む食材と組み合わせれば効果的です。

EPA(エイコサペンタエン酸)が不足すると

EPA(エイコサペンタエン酸)が不足すると動脈硬化の危険やアレルギー疾患の心配が

EPA(エイコサペンタエン酸)が不足すると、血液が固まりやすくなるため、動脈硬化などのリスクが高まります。

アレルギーに対する免疫も落ちてしまうので、アトピー性皮膚炎や花粉症などが発症する可能性もアップします。

またEPA(エイコサペンタエン酸)が不足すると悪玉コレステロールや中性脂肪が増え、高脂血症や肥満を招く恐れもあるので注意して下さい。

EPA(エイコサペンタエン酸)の過剰摂取・副作用・危険性

EPA(エイコサペンタエン酸)を過剰摂取すると、血液が固まりにくくなるため、出血した時など、止血しにくくなることがあります。

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能があると思われるもの

EPA(エイコサペンタエン酸)には以下のような効果・効能が期待できます。

■EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれる食品例

EPA(エイコサペンタエン酸)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにEPA(エイコサペンタエン酸)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「EPA(エイコサペンタエン酸) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加