> 

cryptoxanthin くりぷときさんちん  効果、効能、食品

クリプトキサンチン

クリプトキサンチン【概要】

クリプトキサンチンは、動植物の赤、黄色などの色素成分であるカロテノイドの一種です。

カロテノイドにはすぐれた抗酸化作用があるといわれており、クリプトキサンチンも例外ではありません。

クリプトキサンチンが含まれる食品と効能・効果

クリプトキサンチンはとうもろこしや柑橘類に含まれてい
る成分です。特に温州みかんに多く、含有量はオレンジの100倍ともいわれています。

クリプトキサンチンは細胞を保護し、強い制ガン(癌)作用があることで注目されています。

クリプトキサンチンの必要摂取量

クリプトキサンチンは1日1~2mg摂りたい。温州みかん1個(100g)に約2mg程度含まれるので温州みかんを一日一個食べれば良いのです。

クリプトキサンチンは活性酸素を取り込むと自身が酸化してしまい抗酸化作用がなくなりますが、水溶性の抗酸化成分を一緒に摂れば一旦失われた効果が戻ることがわかっています。

クリプトキサンチンの効果・効能があると思われるもの

クリプトキサンチンには以下のような効果・効能が期待できます。

■クリプトキサンチンが含まれる食品例

クリプトキサンチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにクリプトキサンチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「クリプトキサンチン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加