> 

Poliphenole ぽりふぇのーる  効果、効能、食品

ポリフェノール

ポリフェノール【概要】

ポリフェノールは約300種類ある植物の色素や苦味成分の総称

ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦味の成分で、光合成によって作られるものです。

ポリフェノールは殆ど全ての植物に存在し、その数は約300種類にものぼります。ポリフェノールの化学構造を見ると、OH基(水素基)がついているのが共通の特徴で、このOH基が活性酸素を除去する働きをし、残りの部分がそれぞれ独自の性質を表しています。

ポリフェノールの効果・効能

ポリフェノールはオールラウンドで効果を発揮する強力な抗酸化作用を持つ

ポリフェノールは強い抗酸化作用の効果がよく知られています。抗酸化作用を持つ成分としては、ビタミンCやビタミンEが知られていますが、ビタミンCは細胞の水溶性部分で、ビタミンEは脂溶性部分で効能が働きます。

ビタミンCもビタミンEもそれぞれ作用する場所に制限があるのですが、ポリフェノールは、細胞間の水溶性部分を守りながら、脂溶性部分や細胞膜でも抗酸化作用が働くことが分かっています。つまり抗酸化作用のオールラウンドプレーヤーなのです。

ポリフェノールはいつでもどこでもOH基が発生した活性酸素を封じ込めて害のない物質に変えてくれるというわけなのです。

各ポリフェノールの独自効果

それぞれの種類が持つ独自の働きにも注目

強力な抗酸化作用という共通の効果を持つポリフェノールは、種類によって独自の機能性を持っています。

例えば、ぶどうなどに含まれるアントシアニンは、肝臓の機能を高める効果があり、大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのバランスを整える効能があります。

また、緑茶に含まれるカテキンには、殺菌作用や血中コレステロールを低下させる効果などがあります。

このような固有の作用を知り、様々な食品を摂れば、より効果的にポリフェノールを摂取することができます。

ポリフェノールの効果・効能があると思われるもの

ポリフェノールには以下のような効果・効能が期待できます。

血液サラサラ / 二日酔い / 抗酸化作用 / 虫歯 / 糖尿病 / ガン(癌) / 動脈硬化 / 高血圧 / 抜け毛 / アルツハイマー / おなら / 

■ポリフェノールが含まれる食品例

ポリフェノールが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにポリフェノールについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ポリフェノール 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加