> 

phosphoric りん  効果、効能、食品

リン

リン【概要】

リンは骨や歯を形成する他、細胞の成長と分化にも関与

リンは体内でカルシウムに次いで多いミネラルです。

リンは骨や歯をつくる取材量となる他、筋肉や脳、神経などのあるゆる組織に存在しており、細胞の成長と分化など、様々な場面で重要な役割を担っています。

リンはカルシウムと密接な関係にある栄養成分で二つの摂取量のバランスが2対1~1対2の範囲内にする必要があります。

リンの効果・効能

リンは骨に欠かせない成分

リンの約80%はカルシウムと結合してリン酸カルシウムを作り、骨の主成分となります。

残りのリンは脳、神経、筋肉、肝臓などのあらゆる組織にあって、細胞膜や遺伝をつかさどる核酸をつくったり、エネルギーを運搬、蓄えるなどの働きをします。

その他にもリンは神経や筋肉の昨日を正常に保つなど、非常に重要な効能があります。

また、リンは不足することが少ないために注目されることが少ないですが、リン脂質に変化して脳をつくるのに欠かせないミネラルとなる他、ビタミンB1、ビタミンB2と結合して補酵素となり、糖質の代謝を進める、ナイアシンの吸収を高めるなどの効果も知られています。

リンが不足すると

リン不足は腎臓結石を招きやすくなる

リンは体の組織に不可欠な成分なので、リンが不足すると様々な部位に影響がでます。

歯と歯茎が弱り、歯槽膿漏になりやすくなったり、骨や関節が弱くなって骨軟化症を引き起こす可能性が出たりする他、筋肉の力が弱まってだるい、疲れやすいなどの症状も起こりやすくなります。

更に子供のリン不足は、発育の遅れを引き起こします。

また、最近の研究では、リンが不足すると腎臓に影響が出て、結石ができやすくなることも分かっています。

ただし、リンが不足することは滅多に無いので、それ程気にする必要はありません。

リンを含む食べ物と食べ方

リンはカルシウムとのバランスが重要

リンを多く含む食べ物には肉類、魚介類、乳製品があります。

リンはカルシウムとのバランスが大切なので、牛乳やチーズなどの乳製品はカルシウムも多く含むためバランスがとれます。

一方、肉類はリンは多く含むもののカルシウムは殆ど含みませんのでリンが過剰気味になります。

豚もも肉を例にとると、100g中にリンが200mgも含まれるのに対し、カルシウムは僅か4mgしかありません。つまり理想のバランスに比べて50対1の割合になりリンが過剰になります。

肉類を多く食べる人は、カルシウムを含む他の食材もバランスよく食べる必要があります。

リンの過剰摂取・副作用

リンの過剰摂取はカルシウムの代謝に悪影響を与える

リンはカルシウムと密接な関係にあります。リンの過剰摂取は絶対量というよりはカルシウムとのバランスで判断されます。

理想的なリンとカルシウムのバランスは2対1~1対2ですが、実際には、リンは幅広い食品に含まれているので、バランスがリンに方に傾きがちになります。

リンを過剰摂取したりカルシウムとのバランスが崩れると軟組織にカルシウムが沈着すると言われています。

1日の摂取量が2gを超えた場合には、副甲状腺機能亢進、骨代謝障害なども心配されます。

尚、腎臓に障害がある場合は、リンの摂取を制限しましょう。

リンの効果・効能があると思われるもの

リンには以下のような効果・効能が期待できます。

 /  / 

■リンが含まれる食品例

リンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにリンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「リン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加