> 

vitaminD Vit.D ビタミンD  効果、効能、食品

ビタミンD

ビタミンD【概要】

ビタミンDは「日光のビタミン」あるいは「太陽のビタミン」と呼ばれ、太陽光線と食事から得られます。

太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して、体内に吸収されるのです。一方、食事から摂取されるビタミンDは、小腸壁から脂肪と一緒に吸収されます。

ビタミンDが不足すると

ビタミンD不足が引き起こす症状としては、「骨が弱くなり骨折しやすくなる」「骨がスカスカになり骨粗髭症になる」「虫歯ができやすくなる」などがあります。

ビタミンDはカルシウムやリンとともに骨の形成に欠くことのできない存在なのです。

ビタミンDの効果・効能

体内に入ったビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収をよくします。また、血液中のカルシウムの骨への運搬を手伝い、さらにカルシウムが骨に沈着するのを助けてくれるのです。

また、筋肉中のカルシウムが減少したときには、骨からカルシウムを分配するといった働きもあります。

カルシウムの摂取量が少ない場合には、尿中にカルシウムが排泄されないように再吸収させる役目もビタミンDにはあります。

骨と同様、カルシウムが材料になっているのが、歯です。子供はもちろん、大人もビタミンD不足でエナメル質が弱くなり、虫歯ができやすくなるケースは多いのです。

骨と歯は特に子供時代に完成されるので、幼児期に十分にビタミンDとカルシウムは摂取したいものです。

ビタミンDの摂取方法

ビタミンDは日光浴しただけでも十分に摂取できます。しかし、都会に住む人やスモッグのひどい地域に住む人、また夜勤者、看護師、衣服やライフスタイルによって太陽光線を浴びることのできない人は、サプリメント等を使うことも考慮した方がよいかもしれません。

ビタミンDの特性上、ビタミンA、ビタミンC、コリン、カルシウム、リンと同時に摂取すれば、相乗効果により、高い効能が期待できます。

ビタミンDの副作用・過剰摂取

ビタミンDはカルシウムの吸収を促すので、摂りすぎると腎臓にカルシウムが沈着し、腎臓病になる危険性もある。

ビタミンDの過剰摂取は特に乳幼児で危ぐされるが、大人になるとそれほど心配することはない。

そのほか、ビタミンDの過剰摂取による副作用としては喉が渇く、目が痛む、皮膚のかゆみ、吐き気、下痢、頻尿などが挙げられる。

ただし、正しい用量、用法で摂取すれば大丈夫。つまり、通常の食事の範囲でビタミンDを摂取するのにもはなんの心配もありません。

ビタミンDの効果・効能があると思われるもの

ビタミンDには以下のような効果・効能が期待できます。

■ビタミンDが含まれる食品例

ビタミンDが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにビタミンDについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビタミンD 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加