> 

Alpha-carotene あるふぁかろちん アルファカロチン α-カロテン  効果、効能、食品

α-カロテン

α-カロテン【概要】

α-カロテンとは、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜やとうもろこし、グリーンピースなどに含まれるカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持つことで知られています。

α-カロテンの効果・効能

α-カロテンの抗酸化力は抗酸化作用が強いことで知られるβ-カロテンの10倍と言われます。

α-カロテンは様々な部位で発ガン抑制効果があることが判明しています。

ある動物実験では、肺ガンのマウスにα-カロテンを与えたところ発がん抑制の効果が見られました。

この実験で、同様にβ-カロテンを与えたところ効果は出なかったそうです。

他にも、α-カロテンには肝臓、皮膚、目の組織を活性酸素から守る働きがあると考えられていて、その効力はβ-カロテンの10倍とも言われています。

これから研究が進むにつれ、それぞれのカロテンが効力を発揮する部位について、さらに細かく明らかになるでしょう。

このことは、カロテンでガンを防ぐ場合、臓器別に使い分ける必要があることを示唆していると言えます。

α-カロテンの効果・効能があると思われるもの

α-カロテンには以下のような効果・効能が期待できます。

■α-カロテンが含まれる食品例

α-カロテンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにα-カロテンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「α-カロテン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加