> 

LTP Lacto triPeptide らくととりぺぷちど  効果、効能、食品

ラクトトリペプチド

ラクトトリペプチド【概要】

ラクトトリペプチドはアミノ酸が3つ結合しているペプチドで、VPP(バリン・プロリン・プロリンの結合)とIPP(イソロイシン・プロリン・プロリンの結合)の2種類がある。

私たちが摂ったタンパク質はそのままでは吸収されにくい物質なので、消化管内でアミノ酸に分解される。

その分解の過程でできるアミノ酸の結合体がペプチドだ。アミノ酸が2個結合したものをジペプチド、3個からなるものはトリペプチド、数十個からなるものはポリペプチドという。

ペプチドは消化吸収のスピードが速く、病中、病後など体力が低下しているときでも栄養素がスムーズに体内に吸収されるという特徴がある。

また大豆、イワシ、カツオ、牛乳など由来するタンパク質の種類によってできるペプチドの種類も異なってくるし、体内での作用もそれぞれ違う。

ラクトトリペプチドのアミノ酸組成は乳タンパク質の主成分であるカゼインの中にあり、乳酸菌が作るラクトバチルス・ヘルベテイカスという酵素の働きで、発酵中に分解されてできる。

ラクトトリペプチドの効能・効果

ラクトトリペプチドには主に、血圧の上昇を抑えるという作用がある。血圧が下がって腎臓に流れる血液の量が減ると、レニンという酵素が作られる。レニンは血液中のアンジオテンシノーゲンに働きかけ、アンジオテンシンIという物質を作り出す。

これにアンジオテンシン変換酵素(ACE)が作用すると、アンジオテンシンIIという物質が作られる。このアンジオテンシンIIには血管を縮める作用があり、血圧が上昇する。

ラクトトリペプチドには、ACEの働きを阻害する働きがあり、血圧上昇に直接働きかけるアンジオテンシンIIを作り出さないという効果がある。

魚由来のペプチド類にも、同様にACE阻害作用をもつものがある。いわしから生成されるサーデンペプチドやかつお節オリゴペプチドなどがそうだ。サーデンペプチドのバリルチロシン、かつお節オリゴペプチドのLKPNM(プロドラッグタイプペプチド)という物質がACE阻害に効果を発揮するといわれている。

ラクトトリペプチドの摂取方法

ラクトトリペプチドが血圧上昇を抑えるために必要な摂取量の目安は3.4mgです。かつお節オリゴペプチドだと1.5mg程度。

ただしすでに高血圧治療薬を服用している人は、降圧作用が増強される恐れもある。摂取する場合は医師と相談したはうがいい。

ラクトトリペプチドの効果・効能があると思われるもの

ラクトトリペプチドには以下のような効果・効能が期待できます。

高血圧 / 

■ラクトトリペプチドが含まれる食品例

ラクトトリペプチドが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにラクトトリペプチドについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ラクトトリペプチド 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加