> 

pantothenic acid ビタミンB5 ぱんとてんさん  効果、効能、食品

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸(ビタミンB5)【概要】

パントテン酸は、脂肪酸や糖がエネルギーになるときに必要になる成分です。

パントテン酸は別名ビタミンB5と呼ばれることもあります。「パントテン」とは、ギリシア語で「どこにでもある」という意味で、多くの食品・食べ物に含まれているビタミンです。

パントテン酸(ビタミンB5)の効能・効果

パントテン酸は、栄養素の働きを助ける重要な補酵素で、特に脂肪酸や糖がエネルギーになるときに必要になります。

またパントテン酸には、化学化合物を解毒する効果・効能があるのも特徴です。

例えば、パントテン酸を含む物質であるコエンザイムAには、除草剤や殺虫剤、薬剤に配合される有害な化学化合物の多くに対する解毒作用があるとされています。

コエンザイムAは脂肪酸と結合してアセチルCoAとなり、TCA回路でエネルギーを作り出す重要な物質です。パントテン酸は、これを構成する主要構成成分なのです。

また、パントテン酸は副腎皮質ホルモンの合成を促し、脂肪や糖の利用など、数々の代謝経路に必要な成分と考えられています。

さらに、パントテン酸には免疫力や自律神経の働きを高める作用も認められています。

パントテン酸(ビタミンB5)が不足すると

パントテン酸が不足することによる欠乏症は、足の焼けるような感じ、皮膚炎、不眠などですが、こうした症状は、重度のビタミンB不足がない限り滅多にみられるものではなく、あまり神経質になる必要はありません。

ただし、高齢者や酒を多量に飲み続けている人、コレステロール低下剤を服用中の人はパントテン酸不足が特に著しいとの報告があります。

同様に妊産婦や授乳中の女性も、パントテン酸不足になる可能性があるため注意が必要です。

パントテン酸(ビタミンB5)を含む食品・食べ物・摂取方法

パントテン酸の摂取目安は1日に5mg程度と言われます。これは牛レバーで約3切れ、大豆で約2カップほどです。

前述の通り、パントテン酸は多くの食品・食べ物に含まれるビタミンで、レバー、牛乳、鮭などの魚肉をはじめ、大豆(納豆)、ピーナッツ、キノコ類などあらゆる食品に含まれているため、一般的な食生活の中で極度の不足やそれによる欠乏症は殆どありません。

ただし、食品に含まれるパントテン酸は、食品加工や缶詰製造、調理の過程でその50%が破壊されてしまいます。

お酒やコーヒーを多く飲む人などパントテン酸不足を心配する人は、パントテン酸が失われにくい末精製の穀類や朝食用シリアルからの摂取がおすすめです。

パントテン酸(ビタミンB5)の効果・効能があると思われるもの

パントテン酸(ビタミンB5)には以下のような効果・効能が期待できます。

■パントテン酸(ビタミンB5)が含まれる食品例

パントテン酸(ビタミンB5)が含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにパントテン酸(ビタミンB5)について調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「パントテン酸(ビタミンB5) 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加