> 

biotin びおちん  効果、効能、食品

ビオチン

ビオチン【概要】

ビオチンは皮膚炎を治す実験から発見されたビタミンです。肌や髪の健康を保つために必要な美容ビタミンとしても知られています。

ビオチンは別名ビタミンHとも呼ばれ、これはドイツ語で皮膚をあらわす「Haut」の頭文字をとって付けられました。現在ではビオチンの性質からビタミンHではなくビタミンB群として分類されています。

食べ物に含まれるビオチンはタンパク質と結合しているためそのままでは吸収されませんが、酵素によってタンパク質から分離されると吸収されます。また、腸内細菌によって合成、吸収されているビタミンでもあります。

ビオチン(ビタミンH)の効果・効能

ビオチンの体内における効果・効能は主に代謝に関わる働きに対するものです。

ブドウ糖がエネルギーに変わるときに生じる乳酸が再度ブドウ糖に戻る糖新生という反応を助けたり、脂肪酸合成、アミノ酸代謝などにビオチンは関わっています。

また、ビオチンは細胞の成長やDNA合成を助け、血糖値の維持、毛髪・肌・皮膚の健康維持、貧血予防にも効果・効能があります。

最近はアトピー性皮膚炎に対する効果が注目されています。体内にアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンなどの化学物質が放出され、このヒスタミンが皮膚の炎症を引き起こしてしまう。

ビオチンはこのヒスタミンの元になるヒスチジンを体外に排泄する作用があり、アトピー性皮膚炎の原因を減少させると考えられています。

糖尿病に関しても、血糖値が高い患者ほど血液中のビオチン濃度が低く、ビオチンを補給することで改善が見られたという報告もあります。

ビオチンが不足すると

ビオチンが不足すると、疲労感や食欲不振、湿疹、髪が抜ける、白髪になるといった症状があらわれます。微量でも毎日摂ることが大切なビタミンです。

ビオチンを含む食品・食べ物・摂取方法

ビオチンを多く含むものは、レバーやいわし、大豆、とうもろこし、たまねぎなどです。

1日の摂取量の目安は30ugです。ビオチン30ugとは、カリフラワーで約半個分、大豆で4分の1カップ分です。

ビオチンは多くの食品に含まれるうえ、腸内細菌によって合成されるビタミンなので、普段の食生活で不足することは殆どありません。

しかし抗生物質を長期間服用したり下痢が続いたりすると、腸内細菌が極端に減少する可能性があります。その場合は、ビオチンの合成が低下している可能性があるので意識的に摂るといいでしょう。

ビオチンの過剰摂取・副作用・注意点

ビオチンは過剰摂取しても尿から排出されてしまうので副作用の心配はあまりありません。

ただし、妊娠中に薬やサプリメントなどで大量のビオチンを摂取すると胎児に影響があるとの報告もあるので妊婦の方は注意しましょう。

また、卵を大量に食べるとビオチン不足を招く恐れがあります。生の卵白に含まれるアピジンは、胃のなかでビオチンと結合してしまい、ビオチンの吸収を阻害するからです。ただし卵焼き、目玉焼きなど加熱すると、卵白内のアピジンは破壊されるので生でなければ心配要りません。

ビオチンの効果・効能があると思われるもの

ビオチンには以下のような効果・効能が期待できます。

■ビオチンが含まれる食品例

ビオチンが含まれる食品には以下のようなものがあります。

■もっと調べる
下の検索フォームにビオチンについて調べたいことがらを入力して検索ボタンを押して下さい。単語で区切ると便利です。(ex.「ビオチン 食事」 →検索)
Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加